toggle
東大赤門前にて創業75年 哲学、仏教書を中心に和洋古書を取り扱ってます
2019-10-05

資料会大市を終えて

10月2日(水)、3日(木)と資料会の大市会が古書会館で開催されました。カーゴ80台・トラック10台分(フランス文学、哲学系)の一口が入り、その仕分け作業を手伝ったというのは前回少し触れたかと思います。内訳としましては和書とフランス語が半分ずつ。文学ではマラルメやヴァレリ―などが目立ちました。あとは、有名なプレイアード叢書が大量にあったり…。哲学書ですと、パスカル、モンテーニュあたりからデカルト、デリダやレヴィナスといったところまで、ともかく大量でした!

弊店としましては、哲学系のセットものに狙いを絞って入札いたしましたが、取り逃がしてしまったものも多かったです…(^^;

モンテーニュやパスカルなどいくつか落札できましたが、来週に荷物が運ばれてきましたら、改めて触れたいと思います!

大市明けの4日(金)・5日(土)は、連日都内のお客様宅へ買取に伺ってまいりました!

ともに哲学の先生のご蔵書です。来週は大市の買い上げ品と、その買取の本がドッと来ますので、本の整理を頑張りたいと思います!

大市では買えなかったプレイアード叢書、本日はボードレールの2冊が入荷しました(^^;

関連記事